京の山杣人工房
伝統技術で京都の木を見直す活動を

京都の木を使った伝統技術でリノベーションしませんか?

伝統技術で、再度京都の木を活かす活動を!

 艸風館では"木を求める現代人"と"衰退する伝統技術"この相反する現代の都市環境の問題点をすこし視点を変えることにより解決していきたいと考えます。
  木を求める現代人を、伝統的技術が満たします。伝統技術と現代の感性が一体化したとき、木への欲求を満たす、新たな文化が生まれます。そしてこの新たな文化は、ホンモノのみをよしとする京都においては、ホンモノの木を求めます。

 この動きは、木材の地産地消システム回復の大きな力となります。そして、力を活かす場を得た伝統技術は息を吹き返します。

すなわち、艸風館は、伝統的な技術を活かした新たな文化の元、



 以上、3点を軸に艸風館が得意とする”公共事業・都市建築・集合住宅”3つのフィールドで、普及活動を展開していきます。
 現代の都市は、木のぬくもりを求めています。多くの市民が訪れる公共建築など、大規模建築物にこそ、木のぬくもりを!と考えるからです。

京都市内産材の供給体制

京の山 杣人工房 艸風館(そうふうかん)
京都市中京区西ノ京中保町64(株式会社長村組内) TEL:075-463-4338/FAX:075-461-1338